2022年12月 東京 有楽町に
劇場が誕生します。
新たなエンタテインメントの発信と着信の泉として。

I'M A SHOW

SHOWは、生きている。SHOWは、私であり、SHOWは、あなたである。
人々の笑顔と涙に、幾度も背中を押されながら。

逢いましょう。

それぞれの日常から持ち寄った
観客一人一人の思い。
惜しみない喝采を受け止める演者たち。

日が沈み、そして日が昇り、
次の幕が、また明日も上がる。

"The Show Must Go On."

ここでしか感じることのできない瞬間に、
今日だけしか観ることのできない永遠に、

逢いましょう。
この場所で。

リアルとメディアのハイブリッド。
新たなエンタテインメントの発信と着信の泉を、有楽町に。

2022.12

music & theater I'M A SHOW TOKYO, YURAKUCHO

有楽町マリオン別館7Fに
音楽から演劇まで、幅広いライブエンターテインメントの拠点、
アイマショウ
2022年12月1日(木)グランドオープン!

クリエイティブディレクターとして箭内道彦さんが参加。
劇場に新たな命を吹き込みます。

コロナ禍において不要不急とも言われたエンタテインメント。
僕はそうは思いません。
ほとんどの人には、泣くこと、笑うこと、歌うこと、
それができる場所が、
どうしても必要です。

ショーも、人も、生きています。
有楽町にできる新しい劇場。
ずっと逢いたかった、ずっと逢えなかった、あなたに逢うために。

そんな思いを名に込めました。
どうぞフランクで永いお付き合いを。

I'M A SHOW
クリエイティブディレクター
箭内道彦

箭内道彦

1964年福島県生まれ。クリエイティブディレクター。タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」、リクルート「ゼクシィ」、東京メトロ「TOKYO HEART」「Find my Tokyo.」など話題の広告を数多く手掛ける。若者から絶大な人気を得るフリーペーパー「月刊 風とロック(定価0円)」発行人・編集長、東京藝術大学学長特命・美術学部デザイン科教授、福島県クリエイティブディレクター。2011年大晦日の紅白歌合戦に「I love you & I need you ふくしま」で出場したロックバンド「猪苗代湖ズ」のギタリストでもある。

劇場会員

劇場名:I'M A SHOW(アイマショウ)
所在地:東京都千代田区有楽町2丁目5番地1号
    有楽町マリオン(有楽町センタービル)別館7F
延べ床面積:1,098㎡ 座席数:392席(車椅子スペース2台)
舞台間口:8間 舞台奥行き:4間

お問い合わせは下記アドレスにお願いいたします。
info@imashow.jp 担当:菊地 井上 市川

株式会社サンライズプロモーション東京
東京都港区北青山2-11-3 A-PLACE青山6F
劇場オフィシャルツイッター https://twitter.com/imashowjp